期間工と求人サイトを見るべきポイント

みなさんこんにちは。期間工のミカタのヒロキです。「プラズマクラスターはシャープだけ~」。プラズマクラスター

最近シャープ独自の技術であるプラズマクラスターに育毛効果があることがニュースになりましたね。報道は一部の結論だけを大々的に公表するので、背景にどういった臨床効果があるのかなどきちんと調べなくてはなりませんね。報道は嘘にまみれていますからね。嘘

それでは本日も期間工の皆さんにきちんとした情報をお届けします。

本日のインデックスです。

スポンサードリンク




期間工と求人サイトを見るべきポイント

みなさんは期間工の求人広告を探すとき、何を基準に応募しますか?知名度?ブランド?収入?寮のクオリティ?いろいろな理由があると思います。しかし自動車メーカーが提示する待遇を見るのはもちろんですが、どこ求人サイトから応募するかを考えることはとても重要です。なぜなら同じ自動車メーカーに応募するにしても申し込む求人サイトによって待遇や雇用形態でさえ違うからです。今回は期間工の求人サイトについて最低限ここだけは見て欲しいというポイントを詳しくお伝えしてまいります!

ますは実際に例をあげてご説明しましょう。

マツダ期間工の求人 | 日総工産さん

日総工産のマツダ

こちらは日総工産という会社のマツダ期間工募集ページです。サイトを開いて見えるのは「入社祝い金25万円」「月収例291,360万円」「選考参加費5万円」について記載がありますね。もう一つくらい求人を見てみましょう。

マツダ期間工の求人 | 期間工.jp(アウトソーシングさん)

期間工.jpのマツダ求人

こちらに記載があるのは「初月最大月収例63.5万円」や「入社祝い金プラス内定祝い金で合計25万円万円」などいろいろな記載があり条件もたくさん書かれていますね。しかし多くの情報が盛り込まれすぎていて肝心な部分を伝え忘れているような気がします。

「○○金。○○円」と色々な記載がしてありますが、この2つの期間工求人サイトについてお伝えしたいポイントは2つだけです。

人材会社が支払う金額はいくらか

手当や祝い金など金額を前面に押し出して求職者を誘惑するような求人がとても多く目立ちますが、支払う金額のほとんどは人材会社が用意しています。この背景に見えてくるのは自社の収益を減らしてでも人を採用したいということでしょう。無論、色々な規定や条件はあります。

例としてはスマホの条件と同じです。「基本料0円」「月額端末代0円」など見栄えを良くして客を招き、後々になって「実は….この1万円は○○の条件に当てはまる方のみの支給で。。。」と後付けをされる。これでは騙し打ちも良いところです。なので少なくともメーカーが払うお金はいくらなのか。そして人材会社が支払うお金はいくらなのかをチェックしましょう。特にメーカー側からの支給は条件が勤務期間のものがほとんどなのでとても緩いです。なのでメーカー側の条件だけでもチェックしてみてください!

上記2つの求人サイトにはマツダがいくら支給して、人材会社がいくら支給するか記載がしてあります(実はコレ、以前は記載がなかったんですよ)。人材会社が支給する手当は支給日も条件も違います。なので人材会社がいくら支給するのかをチェックするのはとても重要です。

規定や条件の詳細についての厳密なルールとは

マツダ期間工の求人ページを開くと大々的に「○○が○○円」などの記載がありますが、大きい文字の部分ではなく小さい文字が記載されている箇所を見ましょう!中には万人に当てはまらない条件を提示して一つでも多く「魅せる」項目を増やしている求人サイトもあります。詳細な規定や条件は必ず電話やメールで問い合わせて、祝い金のカラクリを把握しておきましょう!

上記はマツダ期間工の求人を例にとってご説明致しました。では期間工の求人サイト全体を俯瞰して観た時の場合はどうしたらよいでしょう?こちらのポイントは3つだけです。

期間工の求人サイトを見るべきポイントは3つある!

収入を基準に自動車メーカーを選ぶにしても上記で申し上げたように規定や条件があり確実にもらえる保証はありません。また期間工の仕事をするにしても給与ではなく、福利厚生や意外な条件を優先したいという方もいると思います。なので求人サイトを見るべきポイントを3つに絞ってどの自動車メーカーの期間工になるのかを選んでいただければと思います。

期間工に就業後に確実にもらえる報酬(金額)をチェック

未来のことは正直わかりません。風邪や怪我をして1週間以上休むこともあるかもしれません。その時、もらえる予定であった満期慰労金や皆勤手当などの条件を突如クリアできなくなった時「別の求人サイトから申し込んだ方が良かった」などと後悔しても元も子もありません。なのでもらえるものは先にもらっておきましょう。例えば、「選考会参加費〇〇円」「内定祝い金〇〇円」は期間工の仕事を始める前にもらえるお金です。少しでも多い収入が欲しい方はこのような手当があるメーカーを選んだ方が良いでしょう。しかし、なぜこんな大々的な手当が出ているかの理由も考える必要があります。期間工の人数が足りていないからなのか?景気の影響で資金に余裕があるからなのか?いずれにせよ仕事内容もきちんと確認してから応募されるのが無難です。

人材会社の条件もチェックすることを忘れずに!

期間工の仕事を考えたことがある方も一度は目にしたことがある「規定あり」「条件あり」の記述。特に給与や待遇の欄には確実についてあります。この規定や条件のレベルによってもらえる金額が変わるので

「〇〇円支給」も当日その場でもらえることはまずないでしょう。支給されるお金がいつ振り込まれるのか?をきちんと確認することが必要です。さらに得言えば雇用形態もチェックすることが必要です!

どこの会社が運営しているか

これもとても重要です。なぜかというと運営会社によって派閥や自動車メーカーの偏りがあり、求人の数や質にも違いがあるからです。上記でも紹介したように求人サイトの運営会社によって手当の支給額も異なり、条件や規定も違うからです。良い例が期間工.jpの入社祝い金プラス内定祝い金の合計が25万円について。これは小さく記載があるように人材会社から10万円(内定祝い金2万円含む)支給され、残りの15万円はメーカー側から支給されます。つまりメーカー側からの15万円は勤務期間(おそらく1ヶ月以上勤務で支給など)

いかがだったでしょうか?本日なぜ「求人サイトを見るべきポイント」と称して記事を書いたかというと、最終的に一番残念な思いをするのが条件規定を知らずに祝い金をもらえる前提で働き始めてしまった期間工の方々だからです。

それでは期間工の皆さん本日も良い1日を!


source :https://iemo.jp/66392(イエモ)

Reference of pic: マツダ期間工の求人ページ | 工場ワークス(インターワークス様)

マツダ期間工の採用ページ | 期間工.jp(アウトソーシング様)

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする