期間工と日産と自動運転

みなさんこんにちは!期間工のミカタのヒロキです!みなさんは車は運転したい派ですか?それとも目的地まで到着できれば良い派ですか?はたまは車には乗りたくない派ですか?本日は車を運転しなくても良い新技術についての情報です。

本日のタイトルは

期間工と日産と自動運転

 期間工の皆さんは自動運転に関心がある方も多いのではないでしょうか?各メーカーが競って自動運転に投資している中、日産が自動運転技術「プロパイロット」をセレナに搭載しました
 7月13日、日産自動車は、高速道路の単一車線で自動運転できる新型ミニバン「セレナ」(写真)を8月下旬に発売すると発表した。横須賀の同社テスト走行路で撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

7月13日、日産自動車は、高速道路の単一車線で自動運転できる新型ミニバン「セレナ」(写真)を8月下旬に発売すると発表した。

最新の技術である「プロパイロット」は日産の電気自動車である「リーフ」をベースにして自動運転に必要となる特別な機能を搭載しています。例えば、前を走行している車との車間距離を把握して、走ったり、止まったりといったアクションを自動で行ってくれる機能や日産は2018年を目標に高速道路で複数車線での自動運転、そして2020年までに一般車道の交差点で自動運転を予定している。日産で期間工として働く方々は最新技術を目の当たりにできるチャンスがあるかもしれませんね。

自動運転の普及によって期間工の仕事に影響は?

現状では特になしというのが結論ではないでしょうか?
自動運転の普及は日本では規制などの理由によって一部の地域に限定される可能性が高いです。さらに普及するまでに法整備や安全性の考慮など技術より法律や規制部分がネックになると思います。いずれせよ自動運転の普及イコール期間工の仕事が減るというのは考えにくいと思います。最低限、人間の力でするべき作業というは発生しますので。仮に期間工の仕事が減ったとしても毎日一生懸命お仕事をされているみなさんは大丈夫です! 我々期間工のミカタサイトも応援しております!
では本日も1日頑張ってください!!!
車が空を飛ぶ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする